Home > 健康・美容 > 紫外光線の照射量と日焼けの関係性について

紫外光線の照射量と日焼けの関係性について

紫外線にあるA波は、ガラスを抜けてしまう特徴を持ってるから、室内に居るときでも日に焼けてしまう確率があるんです。紫外線には、A波・B波があるのです。B波は雨の日等気候で遮断されるのですが、それでも外に注いでいる紫外線の一つであるのです。

一年で、紫外線の分量がいちばん多いのは5~9月にかけてといわれているのです。5月の太陽光線はまだまだ夏のような強さがないので、まだ紫外線の対策はないと考えている方も沢山いるようなんです。どんどん服装が多くなり、袖丈や、パンツが短くなって来るので、これこそ紫外線対策が大切となります。

汗をかくことも、真夏の紫外線予防で気にしたい所なんです。日焼け止めは汗で流れていく事があるので、しょちゅう塗って、日焼け予防クリームの効果をキープしていきましょう。

紫外線をカットする効能がどの程度あるかは、日焼け予防クリーム毎に異なっていますので、SPF値などを見て、自分に丁度良いものを買うと良いです。SPF値の大きい日焼け止めのクリームの一回大量につけておくより、数値が小さいものを数回するのが日焼け止めクリーム効果があると言います。

日焼け止めクリームを塗る際は、肩や、鼻、おでこ、紫外線を受け続ける場所は、頻回につけて下さい。

10:00~、午後2:00までは、紫外線が特に大量ということを押さえて出掛けるようにしましょうね。紫外線の多い季節のみじゃなく、1年を通し、紫外線対策を心掛ける事が肌のためなのです。


comment closed:
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

Home > 健康・美容 > 紫外光線の照射量と日焼けの関係性について

Search
Feeds

Page Top